トップページドクター紹介診療カレンダー地図・アクセスニュース

無痛治療

歯科治療の基本は痛い歯を治す、その為に治療中に痛くならないように麻酔注射をするのですが、この時に痛みを与えてしまいます。そのうえ治療中も痛かったという患者さんの声を良く聞きます。
私はまず、歯肉粘膜に表面麻酔薬を塗布し、麻酔が効いた粘膜表面のみに顕微鏡下で最小の針を刺します(この時、他の歯科医師は麻酔の効いていないところまで針を刺すのでチクット痛みが発生します)。少量の麻酔液を入れ針を抜き、1〜2分待ち、次に麻酔が効いている歯肉と骨との中間部に針を刺してまた麻酔液を入れます。針を抜き数分待ち、最後に本来の針を指す部位に麻酔をするために無痛で出来ます。
麻酔量は一回目と二回目は少量の為に一般的な量と変わりありません。一見簡単そうですが、良い顕微鏡(カールツァイス社の最上級機種を使っています)と技術と経験が必要です。



トップページドクター紹介診療カレンダーアクセス・地図
Copyright (C) Muraoka Dental Office All Rights Reserved


Copyright (c) Muraoka Dental Office All Rights Reserved.